XMの登録から入金・取引までの流れ

FX 仮想通貨 株 先物・なぜどれも勝てないのか!?初心者が陥りがちな負け組の共通点とは?

かなめ

初めまして、このサイトの運営者のかなめ(@kaname_crypto)です。

こちらのサイトにたどり着いたみなさんはFXや仮想通貨など金融についてある程度興味を持たれた方たちだと思います。しかし、投機・投資と呼ばれる取引は勝ち続けられる人間がたったの1割ほどしかいないと言われております。自分はFX・株式・仮想通貨を含めるとトレード歴はだいたい3年近くになりますが、この3年で資産が100万から2,000万にまで増やすことができました。ただそんな自分も相場で一回退場を経験しています。そして退場を一回経験することで負けのパターンや傾向がわかってきます。

基本的に相場というのはゼロサムゲーム(勝つ人間がいれば、その裏に必ず負ける人間もいること)です。このサイトを訪ねられた方には絶対に負ける側にたって欲しくないので、負ける人間の傾向や共通点を見つけ、勝てるトレーダーへと成長していただきたいです。

なぜ相場で勝てない人がほとんどなのか!?

負ける人の特徴・共通点

相場というのは上がるか下がるかのたったの2通りしか存在しておりません。それなのになぜ9割ものトレーダーさんたちが相場から退場していくのでしょうか?勝つトレーダーさんは色々な勝ちパターンが存在しております。しかし、負けているトレーダーさんはだいたい負けている理由・共通点は似通っていて、大きく分けて3つに分かれます。

負ける人の特徴
  • トレードの分析・方法が習得できていない
  • 欲望と恐怖にトレードが左右されている
  • ツールや取引所の選択が間違っている

1. トレードの分析・方法が習得できていない

トレード初心者に特に挙げられる特徴がこの分析や取引方法が確立していない点になります。ネットにはさまざまなチャート分析方法が載っていて、移動平均線やボリンジャーバンド、フィボナッチに一目均衡表…etc

細かいものを挙げたらキリがないほど手法というのは出回っています。結局どれを選んで良いのかわからず、なあなあで分析・取引している方が非常に多く見受けられます。どの手法も時には通用するし、いつもは通用しないということをまず頭に入れなければなりません。完璧な手法は存在しませんし、仮に出てきたとしてもすぐにみんなそれを使い出して飽和してたちまち通用しなくなります。まずは自分のトレードスタイルというのを確立しなければなりません。その為には自分のライフスタイルにあったトレード方法を見つけることが大事になります。

FXを始める!トレードスタイルの決め方やMT4以外でのチャートの使い方など

まずは練習を積み重ねよう

手法というのはどれも通用するときと全く通用しない時があると先程述べました。よくネットで上がっている勝てるトレード手法をそのまま真似しようとして大損を被る人がいらっしゃいますが基本的に他の方のトレード方法なんて再現性が低いし、変な先入観を受けかねないのでむしろ見ないほうが望ましいです。サッカーをしたこともない人がいきなりメッシの応用ドリブルテクニックなんて教えられても真似できるわけがありません。

かなめ

トレードもそれと同じです

基礎知識が何にもないのにいきなりプロの真似してもすぐにやられてしまいます。いきなりプロがいるフィールドで挑まなくもいいんです。FXや日経先物取引などには本番さながらの練習できる場所(デモトレード)が存在しています。そこで自分のパターンを見つけ、通用しそうになるまで練習してから挑まれても良いかと思います。

完全無料で本番さながらのFXや日経先物のデモトレードができる海外取引所XMがおすすめです。

いますぐデモで練習する

XMについて詳しく知りたい方はこちらを参照:XMは怪しい!?特徴・評判まとめ/メリット・デメリットとは

2. 欲望と恐怖にトレードが左右されている

まずトレードを始めた方、全員が通る道(欲と恐怖)です。

かなめ

トレードするたびに緊張する。。早く利確したい!損切りできない。。

もちろん僕もこの経験があります。負けるとつい悔しくなり、前回の損失を取り返そうとムキになって変なとこでエントリーしてしまい、いわゆるポジポジ病(取引を余計なところでついついしてしまう症状)になってしまう。その時はほとんどの確率で負けてしまうんですが。

この欲と恐怖というのは資本金が多ければ多いほど強まる傾向にあります。100万円からFXを始めるのと1000円から取引を始めるのとでは気の持ちようがまるで違います。

まずは小資金から始めよう

デモトレードをしてみて、ある程度相場に慣れてきたらリアル口座で本番のトレードに移っていくかと思われます。デモとリアルの違いはもちろん本物のお金が発生してくる点です。どれだけデモ口座でトレードに慣れてきたとしても実際にお金が生じるとなるとこの『欲望と恐怖』が壁になってきて、デモのような取引がしづらくなってきます。

この欲と恐怖にまだ左右されてしまう方はまずリアル口座で少額から始めることをオススメします。最初は数千円からでも構いません。XMなら口座開設するだけで3,000円のボーナスがついて入金ボーナスも5万円までなら100%追加で付きますので実質タダでリアルトレードを始めることができます。リアルで感情に左右されなくなるまでこのボーナスだけでトレードをすることを勧めます。

リアル口座開設

XMの口座開設方法

3. ツールや取引所の選択が間違っている

テクニカル分析をするときにいつもどのツールを使われていますか?どういった基準で取引所を選択されていますか?これだけでもすごく差が出てくるところです。開設した取引所のチャートを使ってテクニカル分析をしている方などいらっしゃると思います。自分が使い慣れているツールを使うのが一番良いのですが、もしその取引所が自分の取引したい銘柄を扱っていなかったらまた別の取引所のチャートを探さなければなりません。仮想通貨、株式、先物、コモディティ、為替など全て網羅していて使いやすいチャートが一番良いです。

チャート分析ならTradingViewがオススメ!!

チャート分析にはまずTradingViewをオススメしています。Androidはまだないんですが、iOSではすでにアプリが出ているのでiPhoneユーザーの方は是非インストールしてみてください。ブラウザなのでMacもWindowsユーザーにもおすすめです。様々なインジケータやツールが揃っていてプロの方のチャート分析まで見ることができます。もちろん無料でお使いできます。

AndroidユーザーはMT4をインストール

TradingViewの他にMT4というツールがあります。こちらはiOSもAndroidユーザーどちらも対応しているのでいろんな機種に対応できます。こちらはプラットフォーム型になっていて、このMT4を介してそのままFXトレードすることも可能です。もちろんXMもこのMT4に対応していて、口座を開設すればMT4でそのままトレードできます。パソコンからもスマホからも連動して取引ができるのがとてもありがたいです。

良い取引所を使うべし!

取引所というのは取引において中核を担う重要な役割を果たしています。そんな心臓部分のような取引所を選ぶのに変な取引所を選んでいてはせっかく素質を持ったトレーダーがいたとしても取引所によって良くない結果になる可能性もあります。

基本自分がトレードを行うとき、株式ならSBI証券仮想通貨ならBinance(バイナンス)FXならXMを利用しています。

株式の取引所はともかく、自分は仮想通貨とFXをトレードするときは基本的には海外の取引所を利用しています。理由は下で述べます。

株式取引のおすすめ取引所

かなめ

国内株式トレードをするなら国内最大手のSBI証券がオススメです。ツールが便利で取扱金融商品・銘柄が国内外問わず豊富に揃っています。

SBI証券公式ページ

仮想通貨の場合

まず仮想通貨についてですが、基本的に国内で取り扱える通貨は海外に比べてかなり少ないです。国内取引所では多くても十何種類しか取り扱えないのに対して海外取引所では百何種類以上を取り扱っています。理由は金融庁の許可がおりた(ホワイトリストに載った)銘柄しか取り扱えないようになっているからです。投資家保護の為に日本ではビットコイン、イーサリアム、リップルといった主要通貨しか取り扱えないようになっています。他のアルトコインを買おうと思っても国内の取引所で買えないのであれば、海外の取引所使おうと思いますよね。もちろん海外の取引所でも主要銘柄は取り扱っています。

もう一つの理由が取引所の経営体制です。コインチェックのハッキング事件などが記憶に新しいですが杜撰なセキュリティや手薄なサポート環境でほとんどの取引所が金融庁から業務改善命令が出ました。さらには取扱銘柄も少ない上に手数料が海外に比べてかなり高い。これが国内取引所を避けてしまう大きな理由になります。たまに海外の取引所だと信用できないし、ハッキングされる可能性もあるという方いらっしゃいますが、海外の取引所でコインを買ったらすぐ自分のウォレットに移せば海外も国内も変わりないので現状は海外の方がオススメということになります。ただし海外の取引所といっても何でもかんでも良いというわけではありません。

仮想通貨のおすすめ取引所

かなめ

仮想通貨で世界一の取引高を有するBinance!!手数料が安くて、取り扱う銘柄も国内より圧倒的に多いのでオススメです

Binance公式ページ

FXの場合

次にFXに関することですが、まず国内FX取引所のほとんどが店頭取引(OTC取引)またはDD方式というやり方を採用しています。DD方式の仕組みを簡単にまとめると『顧客が勝てば勝つほどFX業者が損をし、顧客が負ければ負けるほど業者の利益になる』ということです。一方で海外の取引所のほとんどはNDD方式という透明性のたかいシステムを採用しています。こちらは『顧客が勝てば勝つほど会社の利益になり、顧客が負ければ負けるほど会社が損をする』という業態になっています。どちらもメリット・デメリットがありますが、トータルで見たときNDD方式を採用している取引所の方がフェアなトレードができて安心できます。

※DD方式やNDD方式についてもっと詳しく知りたい方はこちらを参照

[FX必読] DD方式やNDD方式とは?国内と海外FX取引所の決定的な違いとは!?

ざっくり特徴をまとめるとこのようになります。

DD方式 NDD方式
スプレッド 狭い 広い
リクオート(約定拒否) ある ほぼない
自動売買 不可
透明性 低い 高い

このようにFX取引所の経営方針が海外と国内とで大きく違うことがわかります。基本的に海外のトレーダさんはDD方式を採用している会社は信用に欠けるという理由でNDD方式を選ぶ傾向が強いです。そのため海外ではNDD方式を採用した取引所が主流となっています。自分もフェアなトレード、透明性の高い会社の方が安心できるのでNDD方式を採用した会社を利用しています。

もう一つの理由として、金融庁のFXに関する規制になります。国内のFXは投資家保護のためにだんだんとレバレッジが低くなってきているのはご存知でしょうか?つい10年前まではレバレッジの規制などなく何百倍のレバレッジを提示する取引所も存在していました。しかしそれから50倍⇨25倍となり、今後は10倍にまで下げられる見込みとまで言われています。確かに高すぎるレバレッジを設けてギャンブルトレードをすることはハイリスクではありますが、今後これ以上レバレッジが下がるならレバレッジがかけられるというFXの最大の魅力が薄れていく気がします。しかし一方で、海外の取引所は日本の法律が適用されないので日本人が海外の取引所でレバレッジを高くかけてトレードしても何の問題もありません。今後FXに関する規制が緩和されることはあまり期待できず、むしろ強化される可能性の方が高いので窮屈な環境に身を置くよりさっさと海外取引所に逃げた方が今後急な規制などに左右されずに済みます。

FXのおすすめ取引所

かなめ

NDD方式採用!!入金なしでも口座開設だけで3,000円貰えて無料でトレードを始めれる取引所になります。海外なのに全て日本語で完結してしまうのも魅力の一つです

XM公式ページ

かなめ

相場というのは勝つ人間がいれば必ずその反対に負けている人間も存在します。今負けている人も勝っている人ももう一度自分のトレードスタイルやツール・取引所などを見つめ直してここを訪れた方達が勝ち組トレーダーになってくれると嬉しいです