XMの登録から入金・取引までの流れ

9月のドル円・ユーロドルの手法を使った実際のトレード

かなめ@仮想通貨.com

こんにちはかなめ(@kaname_crypto)です。9月の手法を使ったトレードを少し公開いたします。

ドル円の9月1日〜12日

ドル円の9月1〜12日までのエントリーは現在ホールド中のものを含めて2つになります。

9月4日のトレード

まずは9月4日にエントリーしたドル円が下の画像です。チャートを見続けることがいやで時間を有効に使いたい為、TradingViewでインジケーターの動きを通知化させるツールを使って、通知来た時だけチャートを確認する感じでトレードしているんですが、それでもかなり良いパフォーマンスを出しています。

9月一発目のトレードは45PIPSの勝ちトレードでした。エントリーの条件はオシレーターとインジケーターを使ってポイントを絞ってやっているのでエントリー回数は週に2、3回程度になりますが高勝率で推移しています。

エントリーしてから利確ポイント・損切りポイントを完全にルール化して、あらかじめ引いてあるラインのポイントで利確、エントリーポイントから利確までのpips数の1/2で損切りというルールを設けております。利確ポイントは上の画像でもわかるようにきっちり反応しやすいラインで利確できるように決めております。なのでエントリーして利確損切りのラインを指値・逆指値でおけばあとはほったらかしになります。自分のチャートを見る時間は1日平均5分程度だと思います。

利確・損切りの手法の詳細記事はこちらからご覧いただけます。

保護中: [限定公開完全版]一週間で利益率300%のFX手法!!為替もビットコインも通用する高勝率な手法とは!?後編

こちらは鍵がかかっているので続きを見たい方はこちらから申請をお願いいたします

FXでたった1週間で300%の収益率を出した手法!!

9月11日のトレード

こちらは現在僕が保有しているドル円のチャートになります。

赤い矢印が僕のエントリーしたポイントですが、青の本来のエントリーポイントが最初の条件クリアのポイントでした。

ここの通知が来ていたのに気づかず2回目の条件クリアでエントリーしましたが現段階では含み益になっていますね。利確ポイントと損切りポイントもすでに置いてあるのであとは放置です。表示してある利確損切りポイントは本来のエントリーポイントなので、実際の自分の利確・損切りポイントとは異なりますが。

ユーロドルの9月1日〜12日

9月4日のトレード

9月4日のユーロドルはかなり綺麗に決まりましたね。55pipsの勝ちトレードでかなり利益を伸ばせております。利確のラインもかなり綺麗に決まっていて、やはりよくここは反応するなという感想です。ユーロドルの一発目のトレードも勝ちになりました。

9月11日のトレード

まさかのドル円とエントリーポイントがどちらも被ってしまいましたがユーロドルの条件も達していたのでトレードになります。

 

こちらはルール通りにトレードをして13pipsで損切りとなりました。損失は最小限に抑えるのがこの手法のルールでユーロドルの勝率は9月の現時点で50%ですが、損小利大で累計はプラスということになります。

まとめ

9月1〜12時点で確定の損益はドル円の55pips、ユーロドルの45pips, -13pipsで合計+87pipsとなります。今ホールド中のドル円でまた変わりますが損切りになっても今月の累計は68pips程度になります。月ごとの収益でまだマイナスを出したことがない手法なのでルール通りにトレードできれば勝てる手法になります。

興味のある方はこちらから完全公開版をご覧いただけますのでご参照ください

FXでたった1週間で300%の収益率を出した手法!!