XMの登録から入金・取引までの流れ

9月10日〜14日の週の手法を使ったトレード!勝率やPIPS数は?

かなめ

先週のトレードはどうだったか、手法を使ってトレードパフォーマンスはどうだったか記載してみたいと思います。

ドル円の先週のトレード

まさかの全勝?

ドル円の先週の手法を使ったトレードは2回ほど実行し、全勝となりました。

一回目は約62pipsの利益が出た大きい利幅のあるトレードでした。テクニカルがきちんときいたトレードになります。

2回目は週終わりのトレードになり、こちらは金曜の週終わりということでポジションを次の週に保有しないというルールからポジションを決済して32pipsのプラスとなります。おそらくこれが金曜でなければそのままターゲットまで当たっていたと思います。

僕の紹介している手法は損失をかなり抑えて利益を大きくとっていく再現性の非常に高い手法となっているためポジション保有時間も割と長めになっています。フォロワーさんで僕の手法を取り入れている方がいらっしゃいますが、何日もポジションを保有できないという悩みを持たれた方もいらっしゃいます。

僕は基本的にエントリーして決済のラインも決めて設定して指値などを置いたらそこから基本的には放置するのであまり気になりません。そちらの方がルール通りにできますのでオススメです。

手法についての詳細はこちらになります。

FXでたった1週間で300%の収益率を出した手法!!

フォロワーさんからも嬉しい報告をいただけてとても嬉しい限りです^^

ユーロドルの先週のトレード

ドル円とは逆で全敗?

ユーロドルは先週の取引は手法を使ったやつでは2回実行して2回とも負けトレードとなりました。これは手法がユーロドルとの相性が悪いわけではなく、たまたまこの週の動きと合わなかったことになります。いつもはどちらかといえばユーロドルの方がパフォーマンスが良いので時と場合ですね。

しかし、注目していただきたいのが損失の大きさです。ドル円の利幅よりユーロドルはだいぶ損失が抑えてあるのがわかります。これはリスクリワードのルールに基づいて抑えるようにしてあるのでこの損失で終わっています。2回目のトレードは損失をもう少し深掘りしていれば利益に繋がったことになりますが、それは結果論でしかないので気にしないことが一番です。

まとめ

ドル円とユーロドルの手法を使った先週のトレード結果をシェアいたしました。ドル円が94PIPSのプラスでユーロドルが30PIPSのマイナスでpips数だけで見れば64pipsのプラスという結果になりました。一週間でこのパフォーマンスはなかなか出ないです。通貨ペアによって収支結果が変わりますし、スプレッド・スワップも入るので多少ずれは生じますがそれでも十分利益の出せる手法となりそうです。

今週も手法を活かしてトレードをして来週に今週分の結果をまたシェアできればと思います。今なら完全無料で手法を公開しているので興味のある方はぜひこちらから手法の詳細をお読みください

FXでたった1週間で300%の収益率を出した手法!!

今週も勝ちトレを^^