一回の取引で684pipsの利益を出した無料EAを検証しました

かなめ

今回はXMのスタンダード口座を使って、スイングトレード型のEAを実際に稼働させた結果をまとめてみました。

MT4_NonStop_EAの概要

今回、稼働テストしてみた無料EA「MT4_NonStop_EA」は、損切りと利確の判断をテクニカル指標で行う、ドル円1時間足専用のEAとなります。

このEAのエントリーに関しては、トレンド系の移動平均線とオシレーター系のDeMarkerを使用、損切りと利確についてはMACDの判断で行われます。

また、ストップロスは500pips、テイクプロフィットは1,000pipsに設定されており、取引のタイプとしてはスイングトレードになるので、そこまでエントリー回数が多くありません。

なのでコツコツ利益を積み重ねるというよりは、一度に100pipsといった大きな値幅を狙っていくタイプのEAとなります。

「MT4_NonStop_EA」のバックテスト結果

バックテストの条件

資金 100,000JPY
通貨ペア USDJPY
時間軸 一時間足
スプレッド差 2.0pips
期間 2019.10.03~2020.02.14

バックテストの結果、10万円が4か月で140,192円となりました!

テスト結果

トレード回数は全部で18回、一時間足のEAとなるのでエントリー回数は少ないものの、勝率は61.11%(勝11回/総取引18回)と悪くない成績です。

0.1ロット(1万通貨)の取引で平均利益が5536.75円、平均損失が2958.83円なのでリスクリワードも1.87:1と好成績といえます。

最大利益がなんと14763円、pipsで換算すると約147pipsというかなりの値幅を取っています。

一方で最大損失は7639円(76pips)なので、こちらのリスクリワードも1.93:1と良い感じです。

取引内容を細かく見ていくと、最初は-1774円のマイナススタートとなったものの、次の取引で+11734円と一気にプラ転、117pipsをいきなりとっているということなので、ホールド力に優れていることがわかります。

その後は、+1327円、+1365円、+3330円と小幅なプラスが続いていますが、マイナスに関しては-576円、-741円とかなり控えめです。

相場で生き残るうえで重要となる、損小利大(損を小さく利益を大きくする取引の考え方)がしっかり出来ているということなので優秀なEAですね。

その後も3,000円程度の利益が続き、-5455円、-4396円と一時的に大きく連敗する場面があったものの、直後に+10587円の利益を出して上手く損失分をカバーしています。

基本的に口座残高が100,000円を下回ったのは最初の取引のみ、テストの開始時期が良かった可能性はありますが、全体を通して非常に良い成績となりました。

MT4_NonStop_EAを実際に稼働させた結果

MT4_NonStop_EA をリアルタイムで稼働させてみた結果は以下の通りです。

02/10~02/14の稼働結果

エントリー回数 2回
損益結果 -306円(含み損-430円)

XMのスタンダード口座を使って10万円の資金でスタートしてみましたが、結果は99694円(-306円)更に含み損を抱えた状況で終了となりました。

今回は稼働させたタイミングがあまり良くなかったといえます。

というのも、この週のドル円相場は基本的に日足高値110.282手前でのレンジ相場となっていたので、一時間足単位で見ると値動きがかなり少なく、特にトレンドといったトレンドも発生していない状況でした。

なので、エントリー回数も2回と少なめ、最初のトレードでは一時含み益が2,000円以上になる場面もあったのですが、結果的にはマイナスで終わってしまいました。

現在持っているポジションがどうなったかについては、また来週ご紹介するEAの稼働結果と併せて報告します。

MT4_NonStop_EAを使ってみた感想

実際に稼働させた結果の反省として、このEAは大きな値幅を狙うことに価値があると思うので、稼働させるタイミングを日足高値更新後にすれば良かったかなと思います。

日足高値を更新するかどうかの微妙なタイミングでの稼働、しかも例え日足高値を更新したとしてもそこまで値幅もなかったので、このEAを稼働させるにはあまり良くないタイミングだったといえます。

日足高値を更新後であれば、その後に戻し(一時間足レベルでの下落トレンド)が発生する可能性が高いので、このEAがもっと活躍できたのではないかと考えています。

テスト結果を見る限り、損より利益のほうが大きいことから安心して運用できるEAだということがわかります。

しかし、このEAを稼働させている間は、トレード状況をあまり見ないようにしたほうが良いかもしれません。

というのも、このEAは値幅を大きくとっていくタイプのEAであるため、トレード状況をこまめに見てしまうと手動で利確したくなってしまうリスクが高いからです。

例えば、50pips(5,000円)の利益が乗っているのを見てしまうと、FX初心者の方だと特に手動で利確してしまいそうになるかもしれません。

ですが、テスト結果で何度か100pips以上の利益を取っていることからもわかるように、50pipsの利益で確定してしまうと、結果として10,000円以上の利益になったトレードの機会を失ってしまうことに繋がります。

なので、このEAを使う際にはあまりトレード状況を確認せず、基本的に完全放置を推奨します。

ポジションの保有期間が長くトレード回数も少ないので、完全放置してもそこまで損益が変動するわけではないので大丈夫です。

実際に稼働した結果からは、エントリー回数が少なく稼働タイミングも悪かったこともあって、残念ながらあまり情報が得られませんでしたが、テスト結果を見る限りは優れたEAといえます。

スイングトレード型EAなのでスプレッド差を気にしなくていいのが嬉しいポイント、XMのスタンダード口座やマイクロ口座でも気にせず稼働させることができます。

推奨通貨ペア以外の稼働について

このEAの稼働が推奨されているのはドル円の一時間足となっていますが、短期的なトレンドが発生しやすいGBPUSDといった通貨ペアでも使えるのではないかと考えました。

そこで、一応バックテストしてみた結果がこちらです。

バックテストの条件

資金 100,000JPY
通貨ペア GBPUSD
時間軸 一時間足
スプレッド差 2.6pips
期間 2019.09.06~2020.02.14

テスト結果

ドル円のときと同じく10万円でスタートした結果、154,214円(+54,214円)の結果となりました。

最大利益がなんと+68416円、0.1ロット(1万通貨)の取引なので約684pipsも獲得したことになります!

一方で、最大損失も-28351円(281pips)と大きくなっています。

やはりドル円と比べるとトレンドが発生しやすい分、利益も損失も大きくなっていますね。

稼働タイミングが悪ければ大きくドローダウンしていた可能性もあるので、ポンドドルで稼働させる場合は資金量に余裕を持たせたほうが良いかもしれません。

尚、総取引回数は23回、勝率は65.22%(勝15回/総取引23回)とドル円よりも勝率は高めとなっています。

ただし、平均損失が平均利益を上回ってしまっている点に注意、やはりドル円のほうが相性の良いEAといえます。

まとめ

今回検証した無料EA「MT4_NonStop_EA」は、スイングトレード型のEAで利益を大きく狙えるEAであることがわかりました。

稼働は推奨されていないものの、GBPUSDのテスト結果では驚異の+684pipsを記録、トレンドが発生すればかなりの利益を上げられるEAといえます。

利益を伸ばすことが重要なEAとなるので、このEAを使用する際には決して手動決済をしないように注意してください。

以上、「MT4_NonStop_EA」に関するレポートでした!