XMの登録から入金・取引までの流れ

スマホで使える!XM専用アプリ「XM-TradingPoint」を徹底レビュー!

XM-TradingPoint見出し

かなめ

今回はXMの専用アプリである「XM-TradingPoint」を徹底的にレビュー、使用感や便利なポイントをまとめていきます。

XM専用アプリ「XM-TradingPoint」は便利なのか?

XM-TradingPointiPhoneまたはandroid端末でダウンロードできるXM専用アプリです。

まだまだ情報が少ないアプリであり、僕も今回初めてダウンロードして使ってみましたが、XMのユーザーならダウンロードしてみても損はないアプリであることがわかりました。

safariでXMTradingの会員ページにアクセスするよりも、XM専用アプリのほうがすぐにログインできる分、より簡単でアクセス速度もやや速くなった印象です。

また、MT5口座があれば、XM専用アプリから直接チャートの確認や取引もできるようになっていました。

XM専用アプリは機能がシンプルな分、FXが初めての方でも使いやすい印象。

特にXMTradingの取引プラットフォームであるMetaTraderは初めての方だと操作に慣れるまでにやや時間がかかるので、直感的な操作が可能なXM専用アプリであればFX取引が始めやすいのではないでしょうか。

XM専用アプリのXM-TradingPointは初めての方からXMTradingのヘビーユーザーまで、とりあえずダウンロードしておくことをおススメします。

XM専用アプリ「XM-TradingPoint」の特徴

XM専用アプリのXM-TradingPointの特徴は以下の通りです。

XM専用アプリの特徴
  • XM専用アプリならXMの会員ページにすぐにアクセスできる
  • MT5口座があればアプリを使って取引ができる
  • 入金から取引までの流れがもっと簡単に

XM専用アプリならXMの会員ページにすぐにアクセスできる

XM専用アプリならアプリを起動してすぐに会員ページにログインすることができます。

XM-TradingPoint6

スマホユーザーであれば、スマホに搭載してあるブラウザからアクセスするよりも、XM専用アプリからアクセスするほうがログイン~入出金といった操作も簡単です。

MT5口座があればアプリを使って取引ができる

MT5口座があれば、XM専用アプリを使って取引することができます。

スマホ版MT5よりも搭載インジケーターなどは少ないものの、機能がシンプルな分MT5よりも直感的な操作が可能となっています。

XM-TradingPoint2

また、ウォッチリストという機能や、指値注文設定時の損益の計算機能など、便利な機能が搭載されている点にも注目です。

入金から取引までの流れがもっと簡単に

XM専用アプリでMT5口座にログインしておけば、取引中でもすぐに入金を行うことができます。

取引ツールのメニューから直接入金画面にアクセスできるのでとても便利です。

XM-TradingPoint3

XM専用アプリを使うメリット・デメリット

今回初めてXM専用アプリを使ってみましたが、使っていくうちに以下のメリットとデメリットがあることがわかりました。

XM専用アプリのメリット

XM専用アプリを使うことで何より便利だと思ったのが、やはり会員ページに即アクセスできる点です。

特に僕の場合、利益を別の口座にプールしたりといった資金振替や、XMPをクレジットボーナスへ交換したりといった動作を頻繁に行うので、出先からスマホで会員ページにアクセスすることもよくあります。

今まではいちいちsafariを開いて、ブックマークからXMTradingの公式ホームページを選択してログインしていましたが、XM専用アプリを導入したことで会員ページへのログインがずいぶん楽になりました。

MT5口座があればチャートを確認&取引できるうえ、アプリのメニューからすぐに入出金画面に飛べるのは細かく利益を出金したいトレーダーにとっては便利なポイントです。

また、指値注文(テイクプロフィット)逆指値注文(ストップ)の設定時には以下のように損益の計算結果を出してくれるのもMT5にはない機能です。

XM-TradingPoint4

そして何より気に入ったのがウォッチリストの存在です

ウォッチリストを作っておけば、監視したい銘柄一覧をパッと切り替えるので気配値欄の画面がごちゃごちゃしません。

参考
MT4の画面
XM-TradingPoint5
XM専用アプリの画面
XM-TradingPoint6

上記の例に「クロス円」「ドルストレート」「CFD」といった名前のウォッチリストを作ってそれぞれ振り分けておけば、ごちゃ混ぜに銘柄が並んでいるときも見やすくなります。

XM専用アプリのメリットまとめ
  • XMへの会員ページへのアクセスが簡単に
  • 入出金といったアクションがアプリから行える
  • 指値注文時の損益の計算が楽になる
  • MT5よりも機能がシンプルな分扱いやすい
  • ウォッチリスト作成で通貨ペアの監視がより楽に

XM専用アプリのデメリット

XM専用アプリは確かに便利な面もあるのですが、MT4口座がメインの僕にとってMT4口座に対応していない点がまず残念なポイント。

またMT5に比べると、チャートの縮小・拡大時などにローソク足がややボケたりして見づらかったり、チャートのスクロール速度も不安定だったりするという欠点がありました。

機能がシンプルな分、MT5と比べるとやはりカスタマイズ性に欠けるので、本格的にトレードするならやはりMT5を選ぶべきだと感じました。

XM専用アプリのデメリットまとめ
  • MT4口座に対応していない
  • チャートが見づらい

XM専用アプリXM-TradingPoint の導入方法

まずはApp storeもしくはGoogle Playから「XM-TradingPoint」というアプリをダウンロードします。

XM専用アプリXM-TradingPointのダウンロード

iOS端末の方はこちら
android端末の方はこちら

ダウンロードが完了したら、アプリを起動して「ログインする」にタッチします。

XM-TradingPoint7

「会員ページ」またはMT5口座をお持ちの場合は「MT5で取引」をタッチします。

「会員ページ」からアクセスする場合

「会員ページ」をタッチするとウェブページが開くので、口座番号とパスワードを入力して会員ページにアクセスします。

XM-TradingPoint8

これでログインが完了です。

一度ログインしておけば、しばらくの間はアプリを閉じても会員情報の入力なしですぐにアクセスすることができるようになります。

「MT5で取引」からアクセスする場合

「MT5で取引」をタッチすると口座番号とパスワードの入力画面になります。

XM-TradingPoint9

MT5口座の口座番号タイプとパスワードを入力すると、最初に気配値表示画面が表示されます。

右下の「詳細」を押すことでメニューが開き、ここから「入金」「出金」ページに飛ぶことができます。

詳細タブからメニューへ

XM-TradingPoint10

ここから「入金」や「出金」ができる

XM-TradingPoint11

まとめ

XM専用アプリ「XM-TradingPoint」を使うと、会員ページへのアクセスが簡単になる以外にも、便利な機能がいくつか搭載されています。

XM専用アプリは取引ツールとしても使用でき、ウォッチリストや損益計算といったMT5にはない機能も付いている他、入出金ページへ直接アクセスができる点も嬉しいポイントです。

XM専用アプリは見た目や機能がシンプルな分、直感的な操作が可能なのでFX初心者に優しいですが、MetaTraderに慣れているとインジケーターといった機能面で物足りない部分があります。

なので、本格的にトレードをするのであれば、XM専用アプリではなくMetaTraderが良いといえます。

XM専用アプリはあくまで会員ページへのアクセス用や、ウォッチリストを活用した気配値の確認など、あくまで補助的に使うのが良いアプリだといえるでしょう。