XMの登録から入金・取引までの流れ

XMをスマホでFXトレードする方法とは?MT4とMT5はどっちがおすすめ?

かなめ

今回はXMの口座でスマホでも簡単にFX取引ができる方法についてご紹介いたします

スマホでの取引方法

XMではスマホで取引をするのに2通りのやり方が存在しています。XM公式のアプリを利用してトレードするやり方とMT4またはMT5と呼ばれるFX取引専用プラットフォームを入れるかになります。こちらの記事では主にMT4についての取引方法を説明していきますので、XM公式アプリからのトレードを行いたい方は下の記事をご参照ください。なおMT4とMT5では仕様上そこまで変わりはないので、MT5でも利用方法は同じになります。

XM – FX, 株式CFD商品

XM – FX, 株式CFD商品

XM無料posted withアプリーチ

注意
XM公式アプリはMT5アカウント保持者のものしか利用できないので、MT4を利用されている方は使えません。
XM公式のアプリがついに登場!特徴やMT4・MT5との違いまとめ!どっちを使うべき!?

MT4/5アプリを入れる前に

スマホでXMのFX取引をするにはまずXMの口座を持っていなければなりません。アカウントをまだ所持されていない方は口座開設が先になります。今なら口座開設するだけで全員に口座開設ボーナス3,000円が無条件で手に入ります。

クリック

MT4をインストール

MetaTrader 4

MetaTrader 4

無料posted withアプリーチ

MT5をインストール

MetaTrader 5 - 外国為替、株式

MetaTrader 5 – 外国為替、株式

無料posted withアプリーチ

MT4とMT5の違い

MT4とMT5の違い
MT4MT5
時間足9種21種
インジケーター多い少ない
EA多い少ない
対応FX業者多い少ない
速度普通速い
MT4/5どっちがおすすめ?
    • MT4がおすすめな人自動売買(EA)やカスタムインジケーターを使っていきたい人
    • MT5がおすすめな人仮想通貨や為替以外にもいろんな銘柄をトレードしたい人

口座にログインする

  • STEP.1
    設定ボタンをタップ
    MT4のアプリを開いてスマホ画面右下の設定タブをタップします。
  • STEP.2
    既存のアカウントにログインをタップ
    トレードアカウントをクリックして既存のアカウントにログインをクリックしてXMアカウントをMT4に紐付けます。 
  • STEP.3
    サーバーを選択
    既存のアカウントにログインするためにサーバーを検索します。xmtradingと検索して登録しているXMのサーバーを選択しましょう。サーバーはメールで届いた内容にどのサーバーか記載されています。
  • STEP.4
    XMのIDとパスワードを入力
    メールで届いたXMのIDと登録したパスワードを入力すればログインできます。

取引をしてみる

  • STEP.1
    通貨ペアを追加
    スマホの右上画面の+を押して通貨ペアを追加することができます。ちなみにドル円やユーロドルはForex3にあります。

  • 基本的な通貨名
    • USD:アメリカドル
    • JPY:日本円
    • EUR:ユーロ
    • GBP:ポンド
    • AUD:オーストラリアドル
    • NZD:ニュージーランドドル
    • CAD:カナダドル
  • STEP.2
    注文をだす
    トレードを押すと注文画面に移ります。取引したい通貨ペアを選択します。

  • Buy Limit指値買い注文

    現在の価格より低い価格で買いたい時に選びます。いくらまで下がったら買うという予約注文が出来ます。

    Sell Limit指値売り注文

    現在の価格より低い価格で売りたい時に選びます。いくらまで下がったら売るという予約注文が出来ます。

    Buy Stop逆指値買い注文

    現在の価格より高い価格で買いたい時に選びます。いくらまで上がったら買うという予約注文が出来ます。

    Sell Stop逆指値売り注文

    現在の価格より高い価格で売りたい時に選びます。いくらまで上がったら売るという予約注文が出来ます。

  • STEP.3
    注文を決済する
    注文をクローズ(決済)するときには、ポジションを表示されるページをタップして、ポジションを長押しすると、決済注文をする画面が開きます。オーダーの変更も行えますので、併せてお使いください。 
  • おまけ

    指値注文において、Buy Limitなどの単語の意味がわかりづらい方もおられると思いますので図で簡単に表してみました。