XMの登録から入金・取引までの流れ

勝率が非常高い手法といわれる週初めのFX窓埋め取引とは?

かなめ

週初めによく起こる窓と呼ばれる現象。これを使った高勝率なトレードがあることをご存知でしょうか?

週明け窓狙いのトレード

週明けの金曜 終値から月曜 始値の間でレートの差が開くことを「窓開け」と言います。窓開けが起こった場合には、窓を埋める方向にレートが動くことが一般的です。海外ではこの窓(GAP)だけをまとめたトレード本が出版されているなどポピュラーな手法になっており、高勝率なことからこの窓開けを利用して稼いでいるトレーダーも数多くいます。週明けの窓というのはどうして開くのでしょうか。また窓狙いのトレードはどのように行うのでしょうか。今回はその辺をまとめてみました。

なぜ為替に窓が出現するのか?

土・日曜日は、欧米市場でも日本市場でも、ほぼすべてのFX業者が休日になるため、FXトレードはできなくなります。為替の売買を行うインターバンク市場もしまっていて、土日は休日となるためにFXトレードもできなくなります。しかし、土曜や日曜がお休みになるのは日本と欧米市場だけで、中東やドバイなどのイスラム諸国では金曜日はお休みで、日曜日は平日である地域もあります。欧米諸国が休んでいる土日でも中東諸国では取引が行われており、欧米諸国がお休みの分、取引量は少なくなりますが、取引は発生しているので為替レートは変動してしまいます。

その結果、月曜日の朝のレートが土曜日の朝のレートとは違うレートで月曜日にスタートすることになります。このときに、月曜の朝アジア市場が開かれる時に「窓」が開くことがあります。

初心者の場合には、為替の価格変動を予測することができないために、週末はポジションを閉じて持ち越さない方がいいと言われています。

窓埋めが稼げるといわれる理由

窓埋め取引が稼げるといわれている理由については、窓が開くとその窓を埋めるために為替がその方向に動くということが多いからです。2018年6月から過去二年間のデータ分析によると9割の確率で窓埋め方向に為替が動いていくということが分かっています。

『埋まらない窓はない』という名言がつくほど窓埋めトレードは勝率が高く非常に注目されております。

「窓埋め」のトレード方法

窓が開いたときには窓を埋める方向に為替が動いて、例えば、下落して窓を開けてスタートした場合には、窓を埋める方向に買われることが予測できますので、買いのポジションを持つことになります。逆に上昇してスタートした場合には、窓を埋める方向に売られることが予測できますので、売りでポジションを持つというトレード方法になります。

月曜日の朝、市場開始後、30分程度経過したときに、ポジションを持ちます。窓は大きいほど埋める方向に動く可能性が高くなっています。狙う利幅は20pips程度が目安になりますが、ここには個人差もあり、その時のレートによって変動しますので、その時のチャートをみて判断するのが最適となります。利幅としてはだいたい5〜20pips程度を観ておくと良いかと思われます。

しかし、土日の間に政府の要人の発言があったり、大きな経済的なニュースがあったりした場合には窓が開いた方向にトレンドが発生してそのまま動くことが多いですので、窓埋めによる利益を狙うのであれば、何もニュースがない土日などを利用するといいでしょう

窓埋めは一時間程度の短い時間で行われる場合も多いですし、数日後に完了する場合もあります。窓埋めが完了するのに時間がかかる場合には、また違った要因やトレンドでの窓埋めになりますので、窓埋めによるエントリーを行うのであれば、時間を決めて5時間程度で様子を見るといいでしょう。長くても1日程度の時間で決済するようにしましょう。

XMでは口座間両建てのハイレバレッジの窓埋め取引は禁止!

海外FX口座を使った取引にはハイレバレッジであることと口座間での両建てをして、ゼロカットシステムを利用してハイレバレッジの窓埋めに取り組むという方法もありますが、XMで口座間、つまりXMで2つ以上の口座を利用して両建てを行うと処罰の対象となり勝った場合でも負けた場合でも利益が没収になりますので、注意が必要です。一つの口座での両建ては可能ですが、口座を複数作って両建てすることは禁止されています。リスクもある取引になりますので、ルールを守って取引を行いましょう。