XMの登録から入金・取引までの流れ

XMのスタンダード・マイクロ・ゼロ口座の違いとは?

かなめ@仮想通貨.com

XMの口座の種類は3種類あります。それぞれの特徴について説明いたします

XM口座種類説明

口座種類を公式ページで確認

マイクロ口座

マイクロ口座は、1ロットあたり1000通貨取引が可能です。0.01ロットから取引できますので、わずか10通貨からの取引も可能です。

ただ、マイクロ口座で取引を行う場合には、microの表記のある通貨を選ぶ必要があります

それ以外はスタンダード口座とあまり変わりなく取引ができます。1ロット=100,000通貨は怖い。という場合には、マイクロ口座で少しずつ取引することも可能です。

最低入金金額は$5から可能ですし、3000円分のクレジットもつきますので、入金しなくても十分取引をすることは可能です。

こんな人におすすめ
少ない資金で取引したい方、低リスク低リターン運用したい方はマイクロ口座がおすすめ!!

スタンダード口座

まず開くのであれば、スタンダード口座を開くとスムーズに取引できます。

スタンダード口座の場合には、1ロット=100,000通貨になりますので、国内FX会社に慣れていたりすると、10,000通貨と100,000通貨を間違えて発注してしまったということもありますので、しっかり間違えないようにしましょう。

最低取引通貨量は0.01Lot=1000通貨からになります。取引をするときに、0.01ロットをすぐ選ぶことができますので、少数単位での取引も可能です。ポジションは最大で200ポジションまで持つことができます。レバレッジを使用すると、いろいろな価格で多くのポジションを持つことも可能です。両建てもできます。組み合わせることでいろんな戦略が立てられます。

こんな人におすすめ
専業で稼ぎたい方やがっつり稼ぎたい方はこの口座が必須です。少ない資金でもスタンダード口座での取引が可能なので迷った方はとりあえずスタンダードで良いと思います。

ゼロ口座

ゼロ口座のゼロはスプレッド幅がゼロになるということです。しかしスプレッドがゼロになる代わりに、取引手数料がかかります。スプレッド幅がFX会社の手数料となり収入源になるので、ゼロ口座でも大丈夫なのかと心配になりますが、ゼロ口座の場合には、ボーナスクレジットが付加されないという特徴があります。そこがスタンダード口座やマイクロ口座とは違う点です。

他にもゼロ口座ではECN方式を導入しており、FXではあまり見られない板情報なども見ることができます

海外FX取引所のECN方式やSTP方式とは?種類別オススメ取引所は? / メリット・デメリットまとめ
注意
ボーナスクレジットが付加されませんので、入金額は$100からと少し高めに設定されています。レバレッジも他の口座と比べると低く設定されています。最大でも500倍です。

Zero口座をもっと詳しく

ゼロ口座とスタンダード口座の違いまとめ

口座種類 スタンダード口座 ZERO口座
最低入金額 500円から 20,000円から
レバレッジ 最大888倍 最大500倍
ドル円平均スプレッド 2.0pips 0.1pips
ドル円平均取引コスト 2.0pips 1.1pips(その内手数料1.0pips)
最少取引単位 0.01lot(1000通貨) 0.01lot(1000通貨)
デモ口座
追証 なし なし
ボーナス 入金・口座開設・XMP 口座開設ボーナスだけ

マイクロ口座の通貨ペアの表示方法

マイクロ口座の場合には、microと表記のある通貨を通貨リストに表示させてから取引を行うといいでしょう。そのままの表記されている通貨ペアからは注文できません。

表示から通貨ペアリストを選んでください。

Forex1Mic あるいはForex2Micから表示したい通貨を選びましょう。

マイクロ口座からも注文が可能になります。普通の通貨ペアからは注文できない仕組みになっていますので、注意が必要です。

どの口座もゼロカットシステム

どの口座で取引した場合もゼロカットシステムを導入していますので、預け入れた証拠金以上の損害は発生しません。追証などもありませんので、安心して取引ができます。急な下落や高騰にも対応できるシステムになっています。証拠金は20,001ドルを超えてくるとレバレッジも200倍までに抑えられますので、その点もご注意ください。証拠金が100,000ドルを超えるとレバレッジは100倍までに制限されます。

海外FX取引所 XMは怪しい!?特徴・評判まとめ メリット・デメリットとは

まとめ

口座の種類についてご紹介していきました。少ない量の取引から行うのであれば、マイクロ口座を使った取引もいいでしょう。一番使いやすいのはスタンダード口座です。マイクロ口座とスタンダード口座を両方開いて使い分けるのもいいでしょう。ゼロ口座にはスプレッドが発生しないメリットがありますが、ボーナスクレジットもつきませんので、注意が必要です。マイクロ口座やスタンダード口座からゼロ口座にお金を移動させるとボーナスクレジットが消滅しますので、ご注意ください。