XMの登録から入金・取引までの流れ

日経225などの株式指数(CFD)をXMで取引する方法

かなめ

XMでは、FXの通貨の他にも株価指数などの取引が可能になっています。

現物18種類、先物12種類の計30種類の世界中の株価指数が対象です。日本の日経平均ナスタッグ平均などが有名な株価指数です。

MEMO
XMでは株式指数の他にもFX、ゴールド取引、原油取引、仮想通貨などの商品を扱っています。
注意
現在、仮想通貨取引は顧客保護のため一時的に取引を停止しています

今回は私たちにとって一番身近な株式指数である日経平均を例に取引方法などを見ていきます。

XMで日経平均を売買しよう

XMで日経平均を売買する場合には、ロット数や損益、証拠金はどのようになるのか。その辺りを説明してまいります。

ロット数と損益計算

株価指数CFD取引のロット数はFXのロット数とは異なります。FXの場合には1ロットは10万通貨ですが、日経225は1ロットは日経平均の価格を表します。どういうことかというと、例えば日経平均価格がが2万円だとすると1Lotは2万円として計算されます。なので20,000円で1ロット買って、20,001円になったら、1円儲かる計算になります。ダウでもS&P500でも考え方は一緒です。

1ロットがJP225自体の価格であるということが分かります。JP225は値動きが1円刻みになっているので、1ロット買っていて1円上がれば、1円の利益ということになります。10円上がれば、10円の利益です。

Nikkei 225 (JP225): 日経として知られるNikkei 225 (JP225)は、時価総額4兆900億アメリカドルに上る世界で3番目に大きな証券取引所である東京証券取引所の株価指数です。

注意
株価指数CFDを取引した後に、FX取引を行う場合にはそのロット数には十分気を付けてください。株価指数での10ロットはそれほど大きな金額にはなりませんが、FXで10ロット(100万通貨)は大きな金額になりますので、間違えないようにしましょう。

証拠金の計算の仕方

JP225の必要証拠金は0.5%と規定されています。必要証拠金は以下の様に計算されます。

証拠金計算
JP225の価格×ロット数×0.5%

例えば、JP225が20,000円の場合に100ロット買う場合の証拠金は以下のようになります。

20,000円×100ロット×0.5% = 10,000円

となりますので、20,000円の時に100ロット取引するのには10,000円の必要証拠金になります。

取引時間

FXの場合には24時間の取引時間になりますが、JP225の場合には取引時間が決まっています。取引できない時間帯があることに注意しておきましょう。

先物・現物

CFD取引銘柄の中には、先物と現物の二種類があります。「先物」はデリバティブ(派生商品)の一つであり、一定の期日までにその商品の将来の価格を売買します。日経225取引などの株式指数銘柄は、先物と現物があります。同じ商品でも、先物と現物は価格が異なります。現物指数の場合には、配当金の調整がありますが、現物指数を売っている場合には、配当金調整分が請求されますので、注意が必要です。

XMの場合では、日経225現物銘柄はMT4では「JP225 Cash」と表示されています。先物の場合には、取引できる期限があり、現物の場合には、取引に期限がないと覚えておくといいでしょう。

JP225を表示させる

表示から通貨ペアリストを選んで、JP225Cashを表示させましょう。

株価指数の取引は短期売買向き

JP225Cashを取引する場合には、買った場合でも売った場合でもマイナススワップがつきますので、取引を行うのであれば、短期売買が向いているでしょう。先物を取引する場合には、スワップや手数料はかかりませんが、期限が来ると決済する必要がありますので、注意が必要です。スプレッドは現物は12円となっています。先物は少し広くなっており24円となっています。最大取引量は10000です。それ以上は取引できませんので、ご注意ください。

まとめ

XMでは、FXの他にも各国の株価指数も取引できます。日経平均も取り扱いされていますので、FXに慣れてきたら日経平均を売買するのもいいでしょう。現物の場合には買っていれば配当金がある場合もありますので、併せてみていきましょう。