XMの登録から入金・取引までの流れ

XM(エックスエム)でアメリカの株価指数 ダウ/ナスダック/S&P500を取引する方法とは?

XMではいろんな商品を扱っており、オイルやガス、小麦やコーヒーにとうもろこし、砂糖から金や銀など様々な商品の取引ができるのでXMだけで多くのポートフォリオを持つことが可能になります。ここは日本の取引所よりかなりメリットがあります。多くのポートフォリオを組むことにより、取引におけるリスクを軽減することができるからです。

日経225などの株式指数(CFD)をXMTradingで取引する方法

US30:Dow Jones(ダウジョーンズ)

ダウジョーンズとはアメリカだけでなく世界の経済指数とも呼ばれるくらい影響力の高い株式指数となっており、さまざまな業種の中から代表的な業種の会社を選んで30業種の代表銘柄の平均株価を指数化したものになります。ただ、その規模は半端なくAppleやマイクロソフト、コカコーラなど世界を代表すアメリカの超大手企業30社の平均株価指数をXMで取引することが可能になります。よくニュースでダウ平均株価やNYダウなどの呼び名で株式の動向を表すものとして用いられています。下のサイトからダウで採用されている企業名が閲覧できます。

参考 ダウ平均株価採用銘柄wikipedia

その表記はUS30で表示され、XMでダウの取引をしたい場合はこのUS30という銘柄を選択して取引することになります。

ダウ平均の特徴としては主要な銘柄の株式指数なので流動性があることに対し、30銘柄しかないので個別銘柄の値動きに影響されやすいという点があります。

XMでUS30を取引するメリット
  • コミッション(委託手数料)なし
  • 手数料なし
  • 少ない証拠金で取引可能
US30:ダウ現物
シンボルUS30Cash
必要証拠金率1%
最低スプレッド2
証拠金通貨での買いスワップ値-3.95
証拠金通貨での売りスワップ値-0.45
指値および逆指値のレベル 5
US30:ダウ先物
シンボルUS30
必要証拠金率1%
最低スプレッド6
指値および逆指値のレベル 8

クリック

US100:NASDAQ(ナスダック)

NASDAQ証券取引所はニューヨーク証券取引所に次いでアメリカで2番目に大きい株式取引所として知られています。主にベンチャー企業向けの株式市場であるが、その上場企業は誰しも知るGoogleの持ち株会社のAlphabetやApple、Facebookにマイクロソフト、アマゾンといった超一流企業100社の平均株式指数がUS100:ナスダック株式指数になります。日本で例えると日経225に似ています。

参考 NASDAQ上場企業wikipedia
US100:NASDAQ現物
シンボルUS100Cash
必要証拠金率1%
最低スプレッド2
証拠金通貨での買いスワップ値-1.13
証拠金通貨での売りスワップ値-0.13
指値および逆指値のレベル 3
US100:NASDAQ先物
シンボルUS100
必要証拠金率1%
最低スプレッド4.5
指値および逆指値のレベル4

XMではこのNASDAQ指数も取引することができるので、他の国内や海外FX取引所に比べて多くの銘柄をトレードすることができることがわかります。XMではUS100というシンボルで取引できます。

クリック

US500:S&P500

S&P500は日本では東証株価指数(TOPIX)と同じ部類でそれぞれの企業の平均株価を指数化したダウ平均などとは違い、ニューヨーク証券取引所やNASDAQ証券取引所に上場している500銘柄の時価総額の合計を指数化したものになります。

個別の銘柄に影響されやすいダウ平均に比べて500銘柄で構成されるS&P500は影響を受けにくいですが、やはり時価総額で算出されることから時価総額の大きい銘柄の値動きに影響を受けやすい点があります。

US500:S&P500
シンボルUS500
必要証拠金率1%
最低スプレッド0.7
証拠金通貨での買いスワップ値-0.43
証拠金通貨での売りスワップ値-0.05
指値および逆指値のレベル 1

XMではS&P 500はUS500と表記され、先物は存在せず現物のみでの取引になります。

まとめ

XMでは為替取引だけでなく、仮想通貨や日経225、ダウ平均・ナスダック・S&P500も取引できることから他の取引所に比べてかなり分散投資することが可能なことがわかりました。また、現物だけでなく先物取引もできるので様々なポートフォリオを組むことができます。為替取引でネックになるのが銘柄が少ないため値動きが少なくても間違えてエントリーして損失を出してしまうというデメリットがありますが、日経225やダウ平均、S&P500なども選択肢に入れば為替くらい流動性の高い銘柄に取引できるようになります。特に為替とダウ平均などは密接に関わっているので、ダウ平均を取引しておけば次の日のドル円やユーロドルの動きも読みやすくなり、逆にドル円やユーロドルを取引することで次の日のダウ平均やナスダックの動きを捕らえやすくなります。

日経225とダウ平均も連動しますので前日のダウ平均とドル円を見ながら日経225の株式指数を取引するのも良いかもしれません。このように様々な戦略を違ったアプローチで組むことができますのでかなりリスクヘッジになり、勝ちやすいトレードができるようになります。今までXMや他の取引所で為替しか取引していなかった方や株式しかしていなかった方はこれを機械に分散トレードしてみませんか?