XMの登録から入金・取引までの流れ

海外FXブローカーのXMについて調べてみた

海外FXブローカーXMについて

XMってどんな取引所?

海外FXブローカーとして日本で一番有名で人気のXM(エックスエム)は2009年に営業を開始し、2017年には全世界に100万人以上もの顧客を確保しており、国内のどの取引所よりも多くのトレーダーを抱えている超大手FXブローカーであります。その人気の理由はまずトレード環境だけでなく、顧客のトレードスキル向上のためのセミナーやシグナル配信など有料コンテンツに分類されるレベルのサービスを無料で提供している点です。また、口座開設するだけでボーナスが発生、入金するだけでボーナス、トレードすればするほどボーナス付与など、とにかくそのボーナス額が他のブローカーとは比べ物にならないくらいすごいです。そして何より一番の理由はレバレッジが最大888倍まで効くという点です。国内の取引所では最大レバレッジ25倍なので実に35倍のレバレッジが設定できます。

XMの会社概要

正式名称 Trading Point of Financial
本社所在地 12 Richard & Verengaria Street,Araoizos Castle Court,

3rd Floor,3042 Limassol,Cyprus

ライセンス/登録地 CySEC/Cyprus, FCA/UK,
FSP/New Zealand, BaFin/Germany,
CNMV/Spain, AFM/Netherlands,
FI/Sweden, FIN/Finland,
ACP/France, PSZAF/Hungary,
CONSOB/Italy, KNF/Poland
事業開始日 2009年6月19日
資本金 $360,000,000

口座登録者数が圧倒的に多い

先ほど口座登録者数が100万人超えと説明しましたが、これがどのくらいすごい数字かというと、国内最大手FXブローカーであるDMM FXの2018年までの口座開設者数は約67万人。XMのデータは去年の分で今年はまだ発表されていないため今年の分を加算すると国内最大手ブローカーの2倍程度の口座開設者が存在することになります。

資本金が群を抜いている

XMの驚くべきはその資本金です。3.6億ドルなので360億円という資本金を持って運営されていますので、大きなショックが起きた場合でも安定の運営力を誇っています。記憶の新しい2015年のスイスショックのときにもその影響は取るに足らないものといった表記がされていました。資本金はその会社が運営されていく上でも大切なものですので、この金額が大きいというのは安定した企業であることが伺えます。

例えば国内最大手の一つとして知られるGMOクリック証券の資本金は約43億円です。XMはこの9倍近くもの資本金を有してることになります。

いろいろな国で金融系イベントのホストを務めている

XMの公式サイトを見ると世界各国でセミナーや晩さん会などの投資家に向けたイベントを開催している様子が載っています。日本だけでなくアジアやヨーロッパの国々で投資家を集めて情報交換する場を設けたりしていることからも安定した経営で社会貢献している様子もうかがえます。

XMの様々なイベント情報については下記をご参照ください。

XM企業ニュース

資金管理もきちんとしていた

国内取引所ではほとんどが信託保全という『取引所が破綻しても顧客の資産は信託銀行に預けてあるため全額返還される』という仕組みとなっていて、一方でXMでは分別保管とされています。『分別保管は会社が自社の資本と顧客の資産を完全に区分するシステム』でこちらも万が一会社が倒産しても資産はきちんと守られていて返還されます。また、XMは万が一のために保険会社にも加入していて、一顧客の資産を最大1億円相当まで返済できるように準備されています。ですのでこの信用性のところはほとんど変わりないです。

チャリティーイベントなどにも積極的に参加

かなめ

XMでは世界中の貧しい子供達のために募金活動をしたり、チャリティーイベントなどにも積極的に参加しています。

企業理念として、『世界中の人々の生活の質にプラスの影響を与えること』を掲げており、ビジネスだけでなくボランティア活動を通しても世界中の人たちの生活を豊かにしようと努めています。

XM基金についてもっと詳しく

XMとXMtradingとの違い!?

XMでは2018年8月から施行されたEUでの新しいFXの規制に伴い、EU圏ではないトレーダーの方は全員XMtradingの方へ移動ということになりました。もともとキプロス証券取引委員会(CySEC)というヨーロッパに位置する機関で、XMはここでライセンスを取得しておりました。しかし今回のEUの規制に伴い、ヨーロッパでライセンスを取得している法人はこの規制に遵守しなければならなくなりました。そこでEU圏外の口座登録者に法律が適応されないように今回XMtradingというヨーロッパの外にあるセーシェルという場所でライセンスを取得したという経緯になります。

参考 欧州のFX業者が阿鼻叫喚。7月末から始まる厳しい規制は日本に波及するか?MONEY VOICE

我々日本人にとっては大した影響はないですが、名前がXMからXMtradingと少し変更したり、ライセンス登録地がキプロスからセーシェルに移動したりと少し変更があります。しかし、顧客が特に心配することはないようです。

出金拒否される銀行があるので注意しよう

かなめ

XMからは海外出金できない銀行口座がありますので、要注意です。
出金できない銀行口座
  • みずほ銀行(ネット支店のみNG)
  • ゆうちょ銀行
  • ジャパンネット銀行
  • じぶん銀行
  • セブン銀行

これらの金融機関ではXMからの出金が不可となっていると言われています。SWIFTコードを持っていない銀行になるので、送金先にできないという理由です。

SWIFTコードとは?
国際送金をする際にどの金融機関なのかを識別するために用いられるコード

入出金を行う際には、同じ経路をたどることが基本になります。クレジットカードで入金した場合には、クレジットカードの返金という形で出金を行うことになります。クレジットカード入金以上の出金の場合には、銀行振り込みによる送金になります。