XMの登録から入金・取引までの流れ

まさかの全勝!?FXで実際にEA(自動売買)を使って取引してみた

実際にEAを使って取引を行っていきました。

EAは種類にもよりますが、なかなか稼働しないEAもあります。待てども取引をしないので、壊れているのではないかと気になっていた時もあったのですが、ある条件に達すると稼働し始めたので様子を見ていました。

どういったアルゴリズムで動いているのかまでは分かりませんでしたが、勝率が90%以上ということでXMのVPSサービスを利用して自動売買を行っていきました。

EAを選ぶ際には、有料の物もありますし、無料のものもあります。どれがベストというのは一概には言えませんが、メンテナンスが定期的に行われていて、バックテストやフォワードテストなどの結果が載せられているEAを選ぶといいのではないでしょうか。

EAを選ぶときにはどれを選んだらよいのかということを大変迷いましたので、EAを手に入れたら、まずはバックテストを行ってみるのもいいでしょう。MT4の画面からもストラテジーテスターというものがありますので、バックテストを行うことができます。

バックテストの行い方

ヒストリカルデータの設定方法

バックテストを行うときには、ヒストリカルデータが必要になりますので、併せてダウンロードしておくといいでしょう。

FXDD社でダウンロードしたヒストリカルデータはXM社などのMT4にも問題なく導入できます。以下のページより、ダウンロードしましょう。https://www.fxdd.com/bm/jp/resources/mt4-one-minute-data

MT4を開き、「ツール」から「オプション」を選んでください。

チャートのヒストリー内バーを最大値に設定してください。

その後、再び、ツールからオプションを開いて、以下の様になっていればOKです。MT4を再起動して設定を確定させましょう。

チャートの設定を行います。ファイルの新規チャートから通貨ペアを選びましょう。今回はEUR/USDのデータをダウンロードしましたので、EUR/USDのデータを選びました。表示を一分足にして、表示させてください。

新しくヒストリカルデータをインストールする前に、ヒストリカルデータの混同を避けるために、既存のヒストリカルデータを削除します。

メニューから「ファイル」→「データフォルダを開く」→「history」を選択してください。

今回はデモ口座にヒストリカルデータをダウンロードしますので、demoを選択して、ヒストリカルデータを削除します。

枠内のヒストリカルデータをdeleteで削除します。削除が完了したら、ファイルを閉じて、MT4を再起動します。

再起動させたMT4のEUR/USD1分足チャートを開いて、左側赤枠にある「マイナス虫メガネマーク」がグレー色になるまで押します。(チャートの最小化作業)そして、自動スクロール機能がへこんでいない状態にしてください。完了したら、MT4を再起動させてください。

MT4が再起動したら、「ツール」→「ヒストリーセンター」と進みます。

EURUSDの通貨ペアでヒストリカルデータを設定する場合は、「EURUSD」→「1分足(M1)」を選択し、インポートボタンをクリックします。

以上の画像が表示されますので、参照ボタンをクリックします。

ここで、ダウンロードをおこなった「EUR/USD」のファイルからヒストリカルデータ「EURUSD.hst」を選択します。ファイルが選択され、以下のようにヒストリカルデータが表示されますのでOKボタンをクリックします。

ここでインストールしたヒストリカルデータをMT4に反映させるために、MT4を閉じて再起動させます。

上部ツールバーから「ファイル」→「オフラインチャート」と進みます。

上記のような画像が表示されますので、「EURUSD,M1」を選択をして「開くボタンをクリックします。MT4の画面上に「EURUSD,M1(offline)」のチャートが現れます。

MT4左側のナビゲーター(下画像)から「スクリプト」「PeriodConverter」をクリックします。

次は、パラメーターの入力タブを選択します。値を「5」としてOKボタンをクリックしてください。

再度、ナビゲーターから「スクリプト」→「PeriodConverter」をクリックします。Period_converterを停止して…?という警告文が表示されますが「はい」を押してください。

今度はパラメーターの値を「15」としてOKボタンをクリックします。この作業を「30」、「60」、「240」、「1440」と作成していきます。

ヒストリカルデータが設定できました。

バックテストを行う

表示からストラテジーテスターを選びます。

EAをセッティングするときの通貨ペアや時間軸などが指定されていると思いますので、エキスパートアドバイザーを選んで、通貨ペアと期間を設定しましょう。モデルの項目は、全テックの最も正確な方法を選んでください。スプレッドは現在値に設定しておくといいでしょう。開始日と終了日を設定してスタートボタンを押します。

バックテストが完了すると、グラフと結果が表示されます。値動きに対してどのような取引を行って資産がどのように増減したのかをチェックすることができますので、そのEAが過去の取引においてどのくらいの利益を出しているのかを確認することができます。

フォワードテストはデモトレードで。

フォワードテストを行う場合には、デモトレードで行う必要があります。バックテストではこれまでの結果から取引の内容が分かりますが、これからのことを厳密に精査するのであれば、デモ口座でのトレードも必要になってくるでしょう。実績のあるEAの場合には、実際に動かしてみるのもいいかもしれませんが、必ず勝てるというものでもありませんので、フォワードテストで様子を見るというのもいいかもしれません。EAによっては、バックテストや各月の取引結果などを公式EAサイトなどに載せている場合もありますので、そちらを参考にするのもいいでしょう。

約3週間EAを動かしてみた結果・・・。

以上のように、三週間で9回の取引結果となり、結果は9959円の収益になりました。比較的勝率の高いEAで取引ロットを少し増やしたことも大きかったのですが、9回の取引はすべて利確できる結果になりました。つまり全勝しました笑

パラメータを変化させることで自分のオリジナルの設定もできるようになっており、収益のコントロールができます。

負けることもあるので、設定には注意が必要です。バックテストの結果では、1回ほど負けトレードがあったので、そのときに大きなロットを投入していると少し怖くもあります。

まとめ

このようにEAを使うと眠っている時間でも取引をしてくれますので、相場を見張っていなくても、収益を得ることも可能です。大丈夫なのかなぁと思うような取引もあったので、心配しながら見ていましたが、手動で注文をはずすことも可能なので、そのまま見ていました。

EAは相場にあまり大きな値動きがない時には効果を発揮する取引方法のように感じます。EAの種類もあるのかもしれませんが、大きな指標が発表されるときなどにははずしておく方がいいでしょう。一回当たりの獲得pipsはデフォルトでは10pips程度になっていました。これもEAによって異なりますので、自分に合った設定を見つけるのもいいかもしれません。