XMの登録から入金・取引までの流れ

爆益!?FXループ系の手法を使い始めて1ヶ月の成果報告

以前紹介していたEAを使い始めて約1ヶ月が経ったのでその成果をシェアしていきたいと思います。

ちなみに紹介していたEAはこちらになります。詳しく知りたい方はこちらからご覧ください

⇨ びっくりするくらい勝てる今注目のループ系EA/自動売買(”Kanamen”)を無料ダウンロード

 

かなめ

1ヶ月で100万スタートでどこまで増えたかみていこう!

 

トレード条件のおさらい

まずはトレード条件のおさらいです。

  • ブローカーはXMtradingを使用
  • 資本金100万で開始
  • 主にAUDJPYとUSDJPYで運用
  • ループ系の手法を使う

こちらで行なっていきました。使用した通貨ペアは例としてAUDJPYとUSDJPYを使いましたが、実際はどれでも構わないません。スプレッドが小さいか値幅が狭い通貨ペアを選ぶのをオススメします。

トレード履歴

 

かなめ

こちらが自動売買で実際に運用させてみた取引履歴になります!

 

画像をみてわかる通り、AUDJPYの時の収益が1回あたり800円と安くなっています。一方でUSDJPYは10000円〜30000円と広めに取ってあります。

これは豪円の値幅を広めで設定してあり、長期的な運用目的で豪円は設定してあるためです。下の画像を見れば一目瞭然ですが、約20年間の豪円の値幅のチャートになります。108円〜55円までの価格範囲内でしかチャートは推移したことがないのでこの範囲内である一定の値幅で仕掛けていけば相当な経済的ショックが起きない限り、実質的損失は出ることがないです。

僕が設定している豪円の設定は80pipsごとに売りと買いの仕掛けを行い、80円を基準に買いと売りを分けています。

もちろんトレード履歴も全勝で、こちらは運用資金が多めの方にオススメしているやり方で、年利はだいたいバックテストの内容から10%前後叩き出しているので、1000万の資金があれば不労所得で100万が利益として入ってくる形になります。

僕は100万の資金で0.01lotAUDJPY運用という少ないロット数ですが、利益を出せています。

そしてもう1つのドル円なんですが、中短期運用で考えて、ロット数もAUDJPYの100倍の1ロットで運用しています。

当初は10pips幅でやっていましたが、今は30PIPSの幅でやっています。なので利益としては毎回3万円という感じですね。

もちろん負けなしです!100万で初めて1ヶ月で30万のプラスなら上出来ではないでしょうか?年利で表すと360%で1年後には460万になってますからね。複利で運用するともっといきます。

もちろんAUDJPYよりはリスクを取ってやっていますが、それでも決められた資金範囲内なら全然普通の手法使うよりも利益が出せます。特に忙しいサラリーマンや主婦の人はこっちのやり方でFXやられた方がどうみても効率が良いです。

フォワードテスト公開中

この手法を使ったEAのフォワードテスト(リアルタイム運用スクリーン)を公開しています。リアルタイムの実績が見たい方はこちらからご覧ください

Kanamenのフォワードテスト

2月27日現在でこのような推移になっています。

EAを使わなくてもループ手法はできる

かなめ

少し手間にはなるけどループ系FXを手動で行うこともできます!

ある一定の値幅で売りや買いの仕掛けをしてくだけなので、指値・逆指値注文を入れれば手動でも注文を出すことができます。

しかし、自分の資金がいくらでどの値幅ごとに取引していくかなど全く知らずに運用するとすぐロスカットがきたり、痛い目を見ることがあるのできちんと計算して取引を行いましょう。

注意
値幅やLot数の設定は慎重に!

もしやってみたいけど運用の仕方などがわからないという方はTwitterのDMLINE@の方で相談を受けますので気軽にご相談ください。

こちらから口座登録された方は優先的にご相談をお受けいたします。

XMでループFXを始める