XMの登録から入金・取引までの流れ

XM(XMTrading)は追証がある?FXのゼロカット方式について徹底解説!証拠金維持率とは?

FXをやっていく上で必ず知っておかなければならないレバレッジ、証拠金維持率、追証などがありますが案外きちんと理解している人って少ない気がします。資金管理が絶対条件になってくるこれらの知識は必須になってくるのできちんと身につけておきましょう。

またXMTradingはその上で追証が発生するのか。証拠金維持率何%でロスカットされるのかなどを解説していきます。

そもそも追証とは?

FXを始めたばかりの方だとこの追証の読み方すらわからないなんて人もいらっしゃると思います。追証は『おいしょう』と読み、正式名称は追加保証金となります。これを略して追証とみんな呼んでいます。

追証とは
FX会社のトレード口座にているお金 実預託金維持証拠金を下回った場合にその不足分の資金を追加で入金しなければならない制度

証拠金とは?

よくわからない方にもっとわかりやすく説明すると、証拠金とは取引でものを買うときに必要なお金のことを指します。

例えば1ドル=100円で1Lot=10万通貨分を買いで入ろうとする場合、1通貨=1ドル円=100円になります。

必要証拠金=100(1通貨)×100,000=1000万円

つまりFXで1Lot分の通貨を買おうと思った場合、1000万円の証拠金が必要になります。

仮にこのドル円が100円⇨101円になった場合、101×100,000=1010万円

1000万円で1Lot買って1円上がれば10万円の利益となります。

証拠金の計算
  • 1ドル=100円
  • 1通貨=1ドル=100円
  • 10万通貨=1000万円
  • 1Lot=10万通貨
  • 1Lotの必要証拠金=1000万円

かなめ

1Lotにいちいち1000万円なんて出せないよ。。

こういう方がほとんどだと思います。そのために全ての取引所ではレバレッジというものをかけられるようになっていて、少ない資金で大きな利益を生むことができる利点がある反面、損失もそれと同じ可能性で起こるというリスクが存在します。

国内のレバレッジは?
国内のFXでは法律で個人の場合最大25倍までしかレバレッジをかけることができません。その代わり海外の取引所を使うとレバレッジは100倍以上かけることも可能になります。

そこでレバレッジという仕組みを使って1000万円なくても例えば25倍のレバレッジを利用すれば、1Lot=40万円×25倍=1000万円となるので

たった40万円の証拠金で1Lotを取引することが可能になります。もちろんメリットだけでなくデメリットも存在していて、このかけたレバレッジ分損益も25倍で推移してきます。

証拠金維持率とは?

必要証拠金の求め方

証拠金維持率とは取引した時の実質の評価損益と口座に入金している資金の合計に対する必要証拠金の割合となります。

必要証拠金は設定されている最大レバレッジの値で求められます。

必要証拠金の計算式

必要証拠金 = 為替レート × 通貨数 ÷ 最大レバレッジ

例えば、1ドル100円のUSDJPYを10万通貨買いで入る場合、必要証拠金は国内の最大レバレッジ25倍を考慮すると100×100,000÷25=40万円の証拠金が必要になるということです。

XMTradingではレバレッジを25倍でも最大の888倍でも設定することが可能なので、888倍で設定した場合、先ほどと同条件で見てみると

必要証拠金=100×100,000÷888=11,261円

XMの場合たったこれだけの必要証拠金で1Lot分の取引をすることが可能になります。

人気No.1FX取引所XM(エックスエム)とは?特徴・メリットデメリットまとめ

証拠金維持率の計算式

証拠金維持率の計算式

証拠金維持率 = 時価評価額 ÷ 必要証拠金 × 100

時価評価額とは先ほどの例を使って、1ドルが101円になったときに1Lot分買い(ロング)で入っていた場合に10万円の含み益になります。この10万円と口座に入っている資金を合計させた金額が時価評価額になります。口座に100万円入金していてレバレッジが25倍の場合、この含み益10万円を加算すると、必要証拠金は40万円なので

証拠金維持率=110万円÷40万円×100=275

つまりドル円が100円⇨101円になった場合、証拠金維持率も250%⇨275%に上がってきます。

追証はどうなったら発生する?

この証拠金維持率という数字はトレードの資金管理をする上で非常に重要な数字になります。この値が100%を下回ったときに俗に言われる追証と呼ばれる追加保証金が必要になる取引所が国内を中心に多く存在しています。

証拠金維持率と追証の関係性
取引所名追証発生ロスカット
GMOクリック証券100%以下50%
楽天FX100%以下※50%
DMMFX100%以下翌営業日までに入金がない時
ヒロセ通商追証なし100%以下
YJFX100%以下追証発生日の24時までに入金がない時
XMTrading追証なし20%以下

 

参考 楽天FXの追証とロスカットについて楽天証券

追証を支払わなければどうなる?

基本的には追証を払わなければポジションは強制決済されてしまい、口座の資金から損失分のお金が引かれてしまいます。

経済ショックや指標発表などでレートが一気に動き取引所のロスカットが追いつかず、証拠金維持率が0を下回ってしまう場合があります。この時が実質的な借金となり、この追証で何百万、何千万円もの借金を背負った方がいらっしゃいます。

この追証を支払えない場合は取引所から訴状が送られてきたり、裁判を起こされるなんてことも過去に起きているので、取引所を選ぶ場合はこの追証があるかどうかを1つの判断基準で決められることをおすすめします。

仮に追証がある取引所を選んだとしてもきちんと損切りなどを設定しておけばそんなことは起きないと思うので資金管理はきちんとしておきましょう。

かなめ

なるべく追証がない取引所を選ぼう!

XMは追証があるのか?

上の表でもわかる通り、XMでは追証という制度がありません。つまり追加で保証金を入金する必要がなく、指標や経済ショック等で為替レートが大きく動きすぎた時に予想以上の追証を要求される取引所が多く存在する中、XMTradingではゼロカットシステムを導入しているため、いくらレートが大きく動いても証拠金維持率が20%を下回ったら強制的にロスカットを発生させ借金を負う心配が一切無くなります

ヒロセ通商も追証はありませんが、証拠金維持率100%以下で強制ロスカットになってしまうため20%までロスカットが発生しないXMの方が軍配が上がります。20%を下回ってロスカットされた場合、その20%分の証拠金だけが口座に残る形になります。

この追証やレバレッジが色々設定できる点に関しても国内に比べてはるかに魅力があるので、借金を負うのが怖い方やもう少しレバレッジを効かせてトレードしたい方はぜひ一度XMTradingでトレードされてみることをおすすめします。もちろん口座開設・維持費共に無料です。

今なら口座開設ボーナス3000円と入金最大50万円分までボーナスが付きます!

XMの桁違いな3種類のボーナスとは?違いや特徴をわかりやすくまとめ!