XMの登録から入金・取引までの流れ

XMの送金方法

XMへの送金方法

かなめ

こんにちはXM専門サイト運営者のかなめ(@kaname_crypto)です。

今回はXMへの送金方法についてご紹介いたします

口座登録がまだの方はこの記事をご参照ください

XMの口座開設方法

クレジットカードを使って送金する

口座が有効化されると、入金が可能になります。

資金を入金するというページにアクセスして、資金を送金しましょう。

口座に入金するのには、銀行送金ビットコインウォレットからの送金、クレジットカードによる送金ができます。

今回は、クレジットカードによる送金をご紹介します。

クレジットカードは、VISA あるいは JCB を選択しましょう。

入金額を入力します。入金は、500円からでも可能です。

クレジットカードの場合は手数料もかかりませんので、取引する証拠金を送金しましょう。

ちなみに、5万円入金した場合、888倍のレバレッジ取引を行うと、米ドル110円換算で40万通貨のUSドルを取引できる計算になります。

しかしレバレッジを高くして取引することはハイリスク・ハイリターンになりますので

取引に応じてレバレッジを調整する必要があります

確定ボタンを押すと、クレジットカードでの清算のページに移ります。

クレジットカードの情報を入力しましょう。

電話番号は携帯の番号でも大丈夫ですし、メールアドレスは最初に登録したものを使用すると入金の完了報告が送られてきます。

 

この画面が出れば、送金完了です。

送金が完了すると、メールアドレスに送金が無事にされたという完了通知が届きます。瞬時に口座に反映されますので、急いでいる場合や早く取引したい場合にはクレジットカードを使って入金を行うと便利です。

銀行振り込みで送金する場合

銀行口座から振込みを行う方法もあります。

クリックしていただけると分かるのですが、日本の銀行の送金口座が表示されますので、インターネットバンキングを使って、送金することも可能です。

注意
銀行口座へ入金する場合には、10,000円以下の入金の場合には1500円の手数料が発生致します。

送金を行う際には ローマ字で名前と口座番号を明記してください。

この処理を怠ると、確認するのに時間がかかりますので、口座に反映するまでに時間がかかることがあります。

もし、名前と口座番号を記入できない銀行から振り込む場合には、AsianCoinのカスタマーサービスに連絡して、Eメールアドレスと反映先のMT4/MT5の口座番号、入金額、入金日を報告しましょう。

ネットバンクができる銀行であれば、おそらく、振り込み人の欄を変更できますので、その欄にローマ字で名前と口座番号を記入して、振り込みを行うようにしましょう。

銀行振り込みによる送金の場合には、きちんと名前と口座番号を記載すると、約30分程度で送金が完了します。

登録したメールアドレスに、送金完了通知が届きますので、ご確認ください。

マイアカウントで口座に反映すると、金額が更新されます。

ちなみに、申し込み後の口座種別の変更はできませんので、XMで大きなロットで取引されることが多い場合にはスタンダードコースを申し込んだ方がいいでしょう。少量の取引をされるのであれば、0.01Lotの取引から可能です。選択も簡単にできますので、発注ミスもあまりないでしょう。

口座を追加することは可能ですので、スタンダード口座を申し込んだ後にマイクロ口座を申し込むことも可能です。資金の振り替えも簡単にできます。

自分の取引ロットにもよりますが、日本のFX会社に慣れていると、1Lot=10,000通貨であったことから、XMでも1Lotで取引して、しまった。10万通貨だったということもたまにありますので、発注ミスには十分気を付けてください。

レバレッジは登録後にも変更可能です。リクエストを送信すると変更ができます。

お金の入金が完了したら次は取引方法についての説明記事に移ります。

スマホの方はこちらを参照

パソコンを使ってFXをしたい方はまずはMT4をダウンロード記事を参照